東三河の移住お役立ち情報

  1. HOME  >
  2. 東三河の移住お役立ち情報  >
  3. 豊川市
市町村別移住お役立ちデータ
  • 豊橋市
  • 豊川市
  • 蒲郡市
  • 新城市
  • 田原市
  • 設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村

豊川市について

長い歴史と豊かな自然に恵まれたまち
市の中央部から広がる平野の東には一級河川の豊川が流れ、北部に連なる本宮山麓、南部に広がる穏やかな三河湾など、豊かな自然環境に恵まれたまちです。名所としては、商売繁盛のご利益があるといわれており、全国に名を馳せる豊川稲荷が知られています。およそ600年前の室町時代に創建。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康をはじめ武将、文人たちの信仰を集めた由緒あるお稲荷さんです。
飲食店や土産店が軒を連ね、風情漂う参道を中心としたご当地グルメも有名で、豊川いなり寿司やおきつねバーガーなど、まちおこしも活発に行われています。
全国トップレベルを誇る農産物をはじめ、産業がバランスよく発展
まちおこしの一環として、全国的な盛り上がりを見せるご当地グルメ。豊川市内の各店舗では、豊川稲荷の門前町で古くから親しまれてきた稲荷ずしをベースに、様々な創作いなりを開発。豊川いなり寿司として、全国に知られる「とよかわブランド」です。
工業では、輸送用機械器具の生産が盛んです。農産物では、バラ、大葉、トマトの生産が盛んで、生産量は全国でもトップレベルです。
また、千両町特産のさつまいも「千両いも」は菓子の材料に最適で、さつまいもジャム、いもまんじゅう、スィートポテト、マドレーヌ、鬼まんじゅう、さつまいもプリンなど幅広く用いられています。

ご当地グルメ・お土産・特産品

  • 豊川いなり寿司
    地域団体商標登録を取得し、ご当地グルメの定番として全国に知られる名物料理。いなり寿司の上に愛知県名物のみそカツをのせたものや、鰻をのせたものなど、味いろいろ・工夫いろいろな豊川いなり寿司が販売され、食べ歩きもできます。
  • とよかわバラ
    豊川市は全国屈指のバラの産地で、出荷量、作付面積ともに日本一となっています。また出荷の際には28のチェック項目の出荷基準を設け、厳正な検査を行うとともに、日持ち性の向上にも努めています。こうしたことから高い品質が評価され都市圏を中心に多く出荷されています。
  • とよかわ大葉
    大葉はペリアルデヒドという芳香成分を含んでおり、強い防腐・殺菌作用があります。また、βカロテンも豊富に含まれており、活性酸素を抑えることで、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防や皮膚や粘膜を正常に保つ働き、免疫力を高める効果も期待されています。さらにビタミンB群、ビタミンEやKなども沢山含んでいることから、薬味や和食だけでなく、洋食や家庭料理など幅広く食べて頂くことも勧められています。豊川市の農業産出額では第1位の生産物で、東三温室園芸農業協同組合の大葉部とJAひまわりのつまもの部会で作られており、関東や関西、北海道にも出荷されています。
  • とよかわスプレーマム
    「スプレーマム発祥の地とよかわ」。ひまわり農業協同組合スプレーマム部会は、昭和49年に全国に先駆けてスプレーマムの栽培を開始し、品質の高い栽培技術を確立しました。栽培面積は延べ53ヘクタールで、年間17万6千ケースを全国へ出荷しています。平成4年の世界花博覧会では金賞を受賞、また平成7年には農林水産大臣賞を受賞しています。
  • とよかわ鮎
    豊川市のある東三河は、豊富な地下水源に恵まれ、湧き出た水が三河湾に流れ込み、鮎がふ化するのに最適な環境を形成しました。その三河湾で獲った稚鮎を豊富な水源で育てる養殖業が始まり、現在では様々な生産技術を革新することで、日本一の養殖鮎の生産地となりました。豊川市では、鮎養殖の主要な生産者が安定生産に努めており、産地として全国魚市場からの評価も非常に高く、令和元年度の漁業統計で7年連続して養殖鮎生産量日本一となっています。
  • とよかわ生炊佃煮
    三河湾に面する御津浜は、国内有数のあさりの産地で、明治から大正にかけて保存技術として佃煮づくりが盛んとなり、その後、メヒカリや豊川の鮎などを加工するなど国内でも有力な佃煮の産地として発達しました。特に鮮魚原料から佃煮に加工する業者は国内でも珍しく生炊佃煮と呼ばれ、この地では国内生産量の50%以上を生産しています。

概況

人口 184,022人 認定こども園数 2園
世帯数 73,857世帯 小学校数 26校
病院数 12病院 中学校数 10校
診療所数 105診療所 高等学校数 6校
歯科診療所数 77診療所 特別支援学校数 1校
保育所数 48園 大学数 0校
幼稚園数 5園 専門学校数 1校
認定こども園数 2園
小学校数 26校
中学校数 10校
高等学校数 6校
特別支援学校数 1校
大学数 0校
専門学校数 1校
公共交通機関 JR東海道本線(愛知御津・西小坂井駅)
JR飯田線(小坂井・牛久保・豊川・三河一宮・長山・江島・東上駅)
名鉄本線(伊奈・小田渕・国府・御油・名電赤坂・名電長沢駅)
名鉄豊川線(八幡・諏訪町・稲荷口・豊川稲荷駅)
豊鉄バス(新豊線・豊川線)
豊川市コミュニティバス(10路線)

※「人口」、「世帯数」は2020年10月1日現在の愛知県人口動向調査結果(年報)を参照

※「病院数」、「診療所数」、「歯科診療所数」は豊川保健所事業概要を参照(2019年10月1日現在)

活気あるまちづくり
「子どもたちの笑顔があふれ安全安心で人にやさしいまち」を目指して、住みよさを実感でき、いっそう活気あるまちづくりを進めています。

移住相談窓口

窓口 豊川市企画部企画政策課 住所 〒442-8601 愛知県豊川市諏訪一丁目1番地
TEL 0533-89-2126 E-mail kikaku@city.toyokawa.lg.jp
市役所ホームページ 豊川市の公式WEBサイト

移住支援に関する情報

拠点地区定住促進 はじめませんか とよかわ暮らし ~豊川市まちなか居住補助金~
所有する土地・家屋に係る固定資産税相当額(最大3年間・面積要件あり)を補助します。さらに、対象世帯のうち、中学生以下の子を持つ世帯に対し、1人当たり10万円(1回限り)の奨励金を交付します。対象条件は、(a)転入前5年以上市外に在住(b)2017年1月2日以降に都市機能誘導区域内に家屋を新築(分譲マンション・中古住宅も対象)。(c)転入後10年以上市内に定住する意思がある。(d)町内会へ加入する。(e)市税等の滞納がない。(f)暴力団員でない。以上6点になります。

住まいに関する情報

空き家情報 豊川市空家バンク
分譲・売払い物件情報 豊川市土地・保留地売払い物件
住宅助成・支援 ●住宅リフォーム工事費補助
木造住宅の耐震改修工事と同時に行う住宅リフォーム工事の費用の一部(費用の20%で上限20万円)を助成します。
その他 住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは豊川市役所の窓口にお問い合わせください。

防犯対策の強化
防犯ボランティア団体による活動により、地域の防犯力を高めています。

お仕事に関する情報

職業紹介 ハローワーク豊川
就職・起業支援 ●とよかわ創業・起業支援ネットワーク
市内にある企業経営に携わる機関が、創業者に対し情報提供や経営に関するアドバイス等の支援をします。

●チャレンジとよかわ活性化事業(創業支援事業)
一定の要件に該当する創業者等に対し、創業に係る費用の一部補助を行います。

東三河学生就職NAVI(商工会議所の就職支援サイト)
就農・起業支援 ●とよかわ農業塾・就農塾
農業に興味のある方や農業を始めたい方に対して、栽培管理や営農の基礎を習得するための講座を開きます。

●農業次世代人材投資資金
新規就農者に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間150万円を給付します。

東三河農起業支援センター(愛知県)
新規就農希望者に対する就農相談、生産技術指導等の支援を行っています。

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは豊川市役所の窓口にお問い合わせください。

活力ある産業
冬でも温暖な恵まれた環境で、市内各地域で産業がバランスよく発展しています。また、バラの出荷量は日本一で、高品質かつ安定性の高さが評価されています。

子育て・教育・医療に関する情報

各種助成 ●子ども医療費無料
下記の範囲で子どもの保険診療自己負担分を全額助成します。
 ・通院・・・中学校3年生まで
 ・入院・・・高校生世代まで(18歳年度末まで)
●チャイルドシート無料貸出
最大1か月程度チャイルドシートを貸出します。
●産前・産後ヘルパー利用費補助
妊娠中から出産後、支援者がいない家庭に対し、家事支援等のヘルパーを利用した費用の一部を補助します。
●一般不妊治療費助成
一般不妊治療費の一部(自己負担額の2分の1以内、1年度あたり上限10万円、継続する2年間)を助成します。
各種サポート ●利用者支援
妊娠期から子育て期にわたり、切れ目なく子育て支援の情報提供、相談及び助言を実施しています。
●産後ケア事業
産後支援が得られない、体調不良、育児不安がある等の産婦とその乳児を対象に産科医療機関等で母体の回復や保健指導サービスを提供しています。
●赤ちゃんの駅
市内155箇所でおむつ交換場所等を提供しています。
●児童クラブ
市内47箇所で児童クラブを運営しています。
保育園等 ●保育コンシェルジュ
市役所の窓口において、保育サービスに関するご相談に応じます。
●保育所入所予約制度
育児休業明けの保護者が、年度途中でも安心して職場復帰できるよう、入所予約枠を確保しています。
●保育料
年少以上のお子様は保育料が無料です。また、18歳未満のお子さまを3人以上養育している世帯の第3子(3歳未満児)の保育料が無料です。
●保育室に空調設備を導入
市内保育園等の保育室に空調設備を令和2年度までに順次設置します。
●幅広いニーズに対応した保育事業
子育て世代が安心して働くことができるよう、時間外保育・一時預かり・休日保育・病児病後児保育事業など、幅広いニーズに対応した保育事業を実施しています。
●給食費無償化事業
新型コロナウイルス感染症の影響による家計負担の軽減のため令和2年8月から令和3年3月までの給食費の無償化事業を実施します。
小中学校 ●学校給食
食材は基本的に国内産とし、豊川産についても積極的に使用しています。
●小中学校エアコン整備
市内全ての小中学校普通教室にエアコンを配備済みです。
その他 ●休日夜間急病診療所
日曜日、休日、年末年始の昼間・夜間および土曜日の午後並びに平日夜間の市内医療機関休診時に内科・小児科の診察を実施しています。

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは豊川市役所の窓口にお問い合わせください。

ページトップへ

ページの上部へ