東三河で暮らすLiving in Higashimikawa

東三河で暮らす東三河で暮らす

概況

人口 58,615人 認定こども園数 4園
世帯数 21,358世帯 小学校数 18校
病院数 1病院 中学校数 4校
診療所数 36診療所 高等学校数 3校
歯科診療所数 24診療所 特別支援学校数 0校
保育所数 15園 大学数 0校
幼稚園数 0園 専門学校数 1校
認定こども園数 4園
小学校数 18校
中学校数 4校
高等学校数 3校
特別支援学校数 0校
大学数 0校
専門学校数 1校
公共交通機関 豊橋鉄道渥美線(三河田原、神戸、豊島、やぐま台の4駅)
路線バス(豊鉄バス)
田原市ぐるりんバス

※「人口」、「世帯数」は2021年10月1日現在の愛知県人口動向調査結果(年報)を参照

※「病院数」、「診療所数」、「歯科診療所数」は豊川保健所事業概要を参照(2020年10月1日現在)

  • 電照菊
    電照菊のハウスの灯りがイルミネーションとなり、渥美半島の夜を幻想的に美しく彩ります。渥美半島の秋の風物詩ともいえる光景です。
  • 生産される鉢花(シクラメン)

    生産される鉢花(ポインセチア)

    渥美半島では、たくさんの生産者が想いを込めて花や野菜を作っています。渥美半島の恵まれた気候の下、大切に育てられた旬の花や野菜を今日も消費者の皆さんの元にお届けします。

  • 伊良湖岬灯台
    愛知県の南端・渥美半島の先端に立つ白亜の灯台です。太平洋の荒波を受けて湾曲する白く美しい砂浜「恋路ヶ浜」とともに恋人達のプロポーズにふさわしい場所として「恋人の聖地」に認定されています。

移住相談窓口

窓口 田原市企画部企画課地域戦略係 住所 〒441-3492 愛知県田原市田原町南番場30番地1
TEL 0531-27-7978 E-mail jinkou@city.tahara.aichi.jp
市役所ホームページ 田原市の公式WEBサイト

移住支援に関する情報

田原市定住・移住促進奨励金 田原市では、人口増加と地域活性化を図るため、本市への「定住」「移住」のための「住宅取得」を応援しています。自ら取得(権利登記)する新築住宅又は建売住宅に最高60万円の奨励金を交付します。
田原市勢要覧
「たはら暮らし」
定住・移住促進を目的に市外の方には田原市で暮らす良さを紹介し、市民の方には田原市の魅力を再発見していただけるよう作成しています。
愛知県田原市定住・移住
ウェルカムガイド
「サーフィンが日常になるたはら暮らし」
田原市への移住経験者が「たはら暮らし定住・移住サポーター」として、たはら暮らしを希望される方の住まいや仕事に関する相談に乗り、移住の第一歩を支援する制度を始めました。理想の暮らしを手に入れたサーファーのライフスタイルをご紹介します。
田原市お試し移住支援補助金 田原市では、市外在住の方が移住の検討を目的に、市内の宿泊施設で4連泊以上滞在した場合に、宿泊費 と レンタカー借上料 の一部を補助します。補助対象期間は、令和4年7月23日(土)から11月30日(水)です。詳細はホームページを確認ください。
  • サーフィン世界大会

    サーフィン大会での
    ビクトリーブーケの提供

    道路沿いにはノッポな椰子の木が並び、日本にいながらちょっとしたウェストコーストの雰囲気。ビーチの入口周辺には県外ナンバーの車が停車し、サーフボードを手にした若者たちが行き交います。

※いずれも太平洋ロングビーチ

住まいに関する情報

空き家情報 空き家・空き地バンク
分譲・売払い物件情報 夕陽が浜宅地分譲

シーサイド田原光崎宅地分譲

田原赤羽根土地区画整理事業 宅地(保留地)分譲

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは田原市役所の窓口にお問い合わせください。

お仕事に関する情報

職業紹介 田原市地域職業相談室
ハローワーク豊橋と田原市が共同で運営する「田原市地域職業相談室」 では、ハローワークと同じ求人情報自己検索機を設け、愛知県下全域の求人情報を提供するとともに、仕事をお探しの方に対して職業相談・職業紹介を行います。
就職・起業支援 創業支援資金利子補給制度
国公資金の創業に関する融資を受け、市内で事業を開始しようとする方又は開始した方に対して利子補給を行います。

中小企業者総合支援事業
市内の空き店舗を活用して新たに商業を営もうとする方や市内で創業・第二創業する方に対し、改装費や備品購入費などの一部を助成します。

東三河学生就職NAVI(商工会議所の就職支援サイト)
就農・起業支援 ●田原農業支援センター
愛知県(東三河農林水産事務所田原農業改良普及課)と田原市(営農支援課)のワンフロア化がスタートし、農業者への支援を効率的に進めています。

●農業セミナー事業
農業セミナー受講者が産直、市場、JA等へ出荷できるような座学・実践指導を行います。

●農地・園芸施設バンク事業
市内にある遊休農地を解消するため、担い手農家への農地の集積を中心に農地のあっせんを行います。

農起業支援ステーション(愛知県)
新規就農希望者に対する就農相談、生産技術指導等の支援を行っています。

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは田原市役所の窓口にお問い合わせください。

  • モノづくり産業と再生可能エネルギー産業が共生する工業団地
    近年は、風力・太陽光発電施設の立地が進み、モノづくり産業と再生可能エネルギー産業が共生する工業団地として全国からの注目を集めています。
  • 農業セミナー事業
    農業セミナー受講者が産直、市場、JA等へ出荷できるような座学・実践指導を行っています。

子育て・教育・医療に関する情報

子育て関連ページ 子育てガイド(田原市ホームページ)
各種助成 ●子どもの医療費
中学校卒業まで子どもの医療費自己負担分が無料(通院・入院ともに)です。高校生年代は入院のみ無料です。
●任意の予防接種費用助成
定期予防接種の公費負担はもちろんのこと、任意予防接種(大人の風しん・おたふく風邪)の費用にも一部助成が受けられます。
●特定不妊治療費等助成
不妊検査、不妊治療を受けた夫婦に対して、経済的な負担を軽減します。
各種サポート ●妊娠期からの支援充実
初産及び双子を出産する妊婦さんなどへの家庭訪問を実施し、妊娠期からの支援を行います。
●産後ケア事業
退院直後から産後一年未満の母子に対して、授乳支援や心身ケアなどの育児サポートを産科機関に委託し、産後の支援を行います。
●安心の子育てスタート「家庭訪問」
地域の身近な相談者として子育て安心見守り隊による赤ちゃん訪問を行います。
●子育て支援センター
子育ての悩みを相談したり、乳幼児が安心して遊んだりできる子育て支援センターが3カ所あります。
●赤ちゃんの駅
市内16施設で授乳・おむつ交換の場所やミルクのお湯を提供し安心して外出できる環境作りを支援します。
●子育て応援訪問
本市に転入された小学生までのお子さんがいるご家庭に、安心して子育てができるよう子育て情報をお届けします。
保育園・認定こども園 ●待機児童ゼロ
多くの保育ニーズに応えることができるように、順次受け入れをしています。また、より働きやすい環境を目指した延長保育(11時間以上保育を実施、市内9園)や休日保育(市内1園)、急な用事などにも対応できる一時預かり(市内3園及び田原市親子交流館)も実施しています。
●その他の保育
障害児保育や病後児保育も実施しています。
小中学校 ●放課後児童が安心な居場所
市内各所に児童クラブや放課後子ども教室を開設。放課後の児童が安心して過ごせる環境づくりを進めています。

※上記以外にも支援制度があります。詳しくは田原市役所の窓口にお問い合わせください。

  • 田原市中央図書館
    明るく広々した中央図書館は、ゆっくりと読書や勉強ができる環境が整っています。
  • 各種健康教育
    赤ちゃんサロンや離乳食教室等を開催し、ママ同士の交流を深めます。

PAGETOP