観光検索

観光情報を検索できます。

スポット詳細

豊川市
赤坂宿
【東海道(赤坂宿)】
東海道五十三次の中で、赤坂宿は江戸から36番目の宿。
当初赤坂・御油宿は一宿として扱われていたと言われています。
その後「下りは藤川から(赤坂を飛ばし)御油まで通し、上りは吉田から(御油を飛ばし)赤坂宿まで」と定められ、上りと下りで使い分けられていた時期もあったようです。

「夏の月御油より出でて赤坂や」
この句は、松尾芭蕉が夏の夜の短さと、わずか16町(両宿問屋間)と近接する赤坂と御油間の距離の短さを詠んだもので、関川神社境内に句碑が建てられています。

概要

所在地
豊川市赤坂町紅里

地域マップ情報

周辺観光スポット

クチコミを投稿する

問い合わせ先

  • 問い合わせ先:
    豊川市観光協会
  • 住所:
    〒442-8601 豊川市諏訪1丁目1番地(豊川市役所内)
  • TEL:
    0533-89-2206
  • FAX:
    0533-89-2276
  • URL:
    http://www.toyokawa-map.net/

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページの上部へ