観光検索

観光情報を検索できます。

スポット詳細

豊橋市
二川宿
【東海道(二川宿)】
東海道五十三次の33番目の宿場町。現在の豊橋市二川町と大岩町に相当します。
当時の三河国の最東端にあった宿場で、ふたつの村で一宿の機能を果たしていました。

12町16間(約1.3km)だったという小さめの規模の町並みには旅籠が30軒ほどありました。その面影は現在も随所に残っています。

本陣は数度の大火に遭いましたが、そのたびに再建されました。明治後も取り壊されずに残った本陣は一部が改修され、資料館として一般公開されています。
その本陣一帯は豊橋市の史跡に、1807年以降の宿帳33冊は愛知県の有形民俗文化財にそれぞれ指定されています。

概要

所在地
豊橋市二川町

地域マップ情報

周辺観光スポット

クチコミを投稿する

問い合わせ先

  • 問い合わせ先:
    豊橋観光コンベンション協会
  • 住所:
    〒440-0075 豊橋市花田町字石塚42-1 8F
  • TEL:
    0532-54-1484
  • FAX:
    0532-54-2220
  • URL:
    http://www.honokuni.or.jp/toyohashi

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページの上部へ