ご当地キャラクターコレクション

豊橋市 トヨッキー

豊橋市制施行100周年を記念して誕生

豊橋の鬼まつり(赤鬼)より、豊(トヨ)+鬼(キ)=トヨッキー。
またハイテク分野での発展を象徴するためのロボットです。
本名「ホの国ヨシダ」。愛称は「トヨッキー」。
お祭りやイベント、記念撮影好き。出力:104万馬力、燃料:大量の空気と電気少々。
誕生日は平成17年8月2日 性別は不詳。
身長140センチ 重さはないしょ。

豊川市 狐娘ちゃん

豊川稲荷界隈商店街のマスコットキャラクターとして平成17年に誕生

豊川稲荷の子供の白キツネが人の子供の姿に化けて明るく楽しげな豊川稲荷界隈商店街へ遊びに行き、商店街の人達や遊びに来る人と一緒にお祭りや行事を楽しんでいます。

豊川市 いなりん

愛知県豊川市の豊川いなり寿司のイメージキャラクター。

由来」「いなり寿司、食べりん。」の「いな、りん」から。
コンセプトはキツネといなり寿司の合体。
性別は男の子。好きな食べ物はいなり寿司、みたらし団子。
趣味は市民ウォッチング、温泉めぐり、紅しょうが作り、ひなたぼっこ。

豊川市 すわポン

まちが元気になることを願って誕生

「諏訪から豊川を元気に!」諏訪地区の強力な助っ人すわポン。
稲荷の「きつね」、諏訪の「たぬき」で競い合い、まちが元気になることを願って誕生しました。
2010年10月には、すわポン神社が誕生。すわポン縁日やお祭り、行事ではみんなにかわいがってもらっています。

蒲郡市 こんきち

来運招吉を招くものとして誕生

住まいは薬證寺境内の福寿稲荷のほこら。変化自在のいたずら好きで、ごりやく市に現れては、来た人にいたずらをしています。
好きな食べ物はメヒカリのから揚げ。誕生日は不明ですがまだまだ子供、性別は男の子、チャームポイントは見事なシッポ

蒲郡市 トトまる

ボートレース蒲郡のキャラクター。

三河湾に住んでいたボラだったが、蒲郡ボートレース場から聞こえるボートのモーター音に憧れていた。
毎日、海の女神さまに、人間になってボートレーサーになりたいとお願いしていていました。
トトまるのひた向きな願は叶えられ半魚人としてボートレーサーになることができました。

新城市 のんすけ

江戸時代から新城市に繁昌をもたらすために誕生

音楽が聞こえると思わず踊り出しちゃう。普段は温厚で礼儀正しいが、馬以外の動物と間違われると怒り出す。
馬だけど軽トラ市で売っている食べ物なら何でも大好き。どんなに疲れていても子供と触れ合うと元気満タン。
タヒチにキャロットという名前の妹がいるらしいがまだ謎は多い・・・。

田原市 かいくん

貝づくし渥美をPRするために誕生したキャラクター

かいくんはなんと!永遠の1歳。というのも毎年4月になると生まれ変わるため。かいくんは大あさりなのですが、特技が潮干狩り、あさりの身を剥く、貝尽くし販売PRです。 更に貝料理、あさりの押し寿司が好き。
他には握手、おじぎ、写真撮影、皆の笑顔、水分補給、休憩が好き。
気温・湿度の高い日・暗い場所が嫌い。
誕生日は4月8日、身長10cm、重さは200g

田原市 キャベゾウ

第6回田原市民まつりで一般公募で選ばれた田原市民まつりのイメージキャラクター。

農業の盛んな渥美半島で採れる、名産のキャベツをモチーフにデザインされた、かわいらしいキャラクターです。
身長:キャベツ6個分 バスト:キャベツ6個分 ウエスト:キャベツ6個分 ヒップ:キャベツ6個分
渥美半島を吹き抜ける風を浴びて育った強い子です。

とましーなちゃん

設楽町 とましーなちゃん

設楽町の魅力や特産品を発信し、イメージアップ・観光振興を図るため、全国からデザイン募集をして誕生

設楽町の特産品のトマトの顔に、ミニトマトのリボン、シイタケの傘を持って、天狗ナスのスカートはいた、3歳の恥ずかしがり屋の女の子。
名前は、トマトの「とま」シイタケの「しー」ナスの「な」をとって、とましーなちゃんになりました。
設楽町の特産品たくさんつまってます!

東栄町 オニスター

星降る夜空のもと花祭りの舞を奉納する山見鬼・榊鬼とから誕生

東栄町の花祭りやイベントを盛り上げてくれます。また和太鼓「志多ら」とコラボレーションしたりと、東栄町の観光大使にも任命されました。
また、オニスターは花祭りの山見鬼・榊鬼から成る鬼です。
悪霊を払い除けたりする、古くからさ人々に愛されてきた鬼なのでこわい鬼ではありません。

豊根村 ベリーちゃん

豊根村のブルーベリーの妖精として誕生

豊根村のブルーベリー畑にいるブルーベリーの妖精ベリーちゃん。
お仕事は豊根村ブルーベリーのPRキャラクター。
趣味はダイエット。子供たちと仲良くしたり、動き回るのが好き。
グルメ好きでもあります。
2005年に誕生、性別は女の子。

豊根村 ポンタ

豊根村の森の中でタヌキ族として誕生

元気いっぱいで好奇心旺盛なんだけど、ドジでおっちょこちょい。豊根村の森の中でタヌキ族として誕生。1989年2月20日、男の子。身長を測るときにどうしても背伸びしてごまかしてしまうので、未だに身長不明なのです。

ページの上部へ