東三河を知ろう!

山から海まで豊かな恵みにあふれた東三河は8つの市町村から成り立っています。

豊橋市 豊川市 蒲郡市 新城市 田原市 設楽町 東栄町 豊根村

豊根村

TOYONE-MURA

 長野県、静岡県に隣接する豊根村。総面積の約93%を山林が占めており、年間平均気温約13℃、年間降水量約2400mmの冷涼多雨な気候です。愛知県最高峰の茶臼山をはじめ、日本ヶ塚山、離山、八嶽山など1000m級の名峰が連なる峡谷型の地形。佐久間、新豊根という二つの大きなダムに、天竜川、大入川、漆島川など大小河川が流れ込み、渓谷美を演出しています。
 冷涼な気候を活かしたブルーベリーの名産地でもあり、村内にはブルーベリー狩りできる農園が9カ所ある他、ブルーベリーを使った料理や、おみやげ用の加工品などがレジャー客に人気です。

産業情報

名産品としてヘボ(黒スズメバチ)の甘露付け、生シイタケ、金山寺みそ、トチ餅、ゆべしなど様々な郷土の味があります。
農産物出荷額の91%を耕種野菜が占めており、主にトマトの生産が盛んです(注1)。また茶臼山高原では、標高を活かしたブルーベリーの生産が行われています。
天竜奥三河国定公園に指定されており、茶臼山高原、湯ノ島温泉、佐久間ダム、新豊根ダムなどの観光資源が豊富。恵まれた環境を活かし、ブルーベリーの摘み取りやジャム作り、山村体験など多種多様なレジャーに力を入れています。
良質な杉の産地としても知られる豊根村は、原木の生産が盛んであり、「とよね木サイクルセンター」では間伐材の有効利用に関する取り組みも行われています。

注1 農林水産省「平成18年生産農業所得統計」

イベント情報

イベント名 開催場所

ご当地グルメ・お土産・特産品

ブルーベリー
冷涼な気候を利用し、無農薬栽培されている豊根村のブルーベリー。毎年、旬を迎える7月上旬から8月上旬には「とよねブルーベリー摘み取り園」が開園し、観光客で賑わいます。

栃もち
豊根村純産品(=豊根産のものを使って豊根で製造されたもの)の一つです。手つかずの自然の中で育まれた栃の実を原料に、地元農家の人たちが昔ながらの手作りで加工しています。

きんざんじみそ
大豆、山ごぼう、なす、菊芋など地元の高原野菜を小さく切り、こうじの中へ漬け込んでゆっくり醗酵させ、昔ながらの製法で味わい深く仕上げました。豊根村純産品の一つです。

漬物
みょうがや梅、瓜など、地元で取れた新鮮な野菜を着色料、保存料などを一切使用せず、一つひとつ手作業で漬けています。素朴な味わいはご飯にも酒肴にもお茶請けにもぴったりです。

ゆべし
柚子の実の上部を切り取り、中をくり抜いた後に味噌、山椒、くるみなどを詰め、切り取った部分を蓋にして蒸します。それを1カ月から半年ほどかけて乾燥させた、山里ならではの保存食です。

地域マップ情報

問い合わせ先

  • 問い合わせ先:
    豊根村観光協会
  • 住所:
    〒449-0405 北設楽郡豊根村坂宇場字宮ノ嶋29-3
  • TEL:
    0536-87-2525
  • FAX:
    0536-87-2525
  • URL:
    http://www.toyonemura-kanko.jp/

ページの上部へ