東三河を知ろう!

山から海まで豊かな恵みにあふれた東三河は8つの市町村から成り立っています。

豊橋市 豊川市 蒲郡市 新城市 田原市 設楽町 東栄町 豊根村

豊川市

TOYOKAWA-SHI

市の中央部から広がる平野の東には一級河川の豊川が流れ、北部に連なる本宮山麓、南部に広がる穏やかな三河湾など、豊かな自然環境に恵まれた町です。名所としては、商売繁盛の神様であり、全国に名を馳せる豊川稲荷が知られています。およそ600年前の室町時代に創建。織田信長、豊臣秀吉、渡辺崋山をはじめ武将、文人たちの信仰を集めた由緒あるお稲荷さんです。
飲食店や土産店が軒を連ね、風情漂う参道を中心に、B級グルメのメッカとしても知られており、おきつねバーガーや変わり種のいなり寿司など、町おこしも活発に行われています。

産業情報

町おこしの一環として、全国的な盛り上がりを見せるB級グルメ。豊川市の各店舗では、豊川稲荷の門前町で古くから親しまれてきた稲荷ずしをベースに、様々な創作いなりを開発。アイデアを凝らしたバリエーション豊かな稲荷ずしを創作し、豊川の名産づくりに取り組んでいます。
工業では、輸送用機械器具の生産が盛んです(注1)。農産物の出荷額は82%が耕種品目であり、トマトの生産高がトップ(注2)。大葉の生産量は、全国でもトップレベルです。
また、千両町特産のさつまいも「千両いも」は菓子の材料に最適で、さつまいもジャム、いもまんじゅう、スィートポテト、マドレーヌ、鬼まんじゅう、さつまいもプリンなど幅広く用いられています。

注1 経済産業省経済産業政策局調査統計部 「平成21年工業統計表「市区町村編」データ」
注2 農林水産省「平成18年生産農業所得統計」

イベント情報

イベント名 開催場所

ご当地グルメ・お土産・特産品

豊川いなり寿司
B級グルメの定番として、全国に知られる名物料理。いなり寿司の上に愛知県名物のみそカツをのせたものや、鰻をのせたものなど、各店舗が趣向を凝らした創作いなり寿司を販売しています。

豊川いなりうどん
豊川の新名物グルメとして注目の「豊川いなりうどん」。餅が入った油揚げを甘辛く味付けしたいなり餅と、地元東三河産の大葉が入っていて、あんかけ味、カレー味、かけつゆの3種類があります。

大葉
大葉は青じその若葉を摘んだもの。愛知県は全国1位の大葉の生産地であり、なかでも豊川市の大葉はすべて温室やハウスなどによる施設栽培で、年間を通じて安定的に全国へ出荷されています。

まきせんべい
豊川稲荷のお使神たる白狐が口にくわえる巻物(御神徳)をかたどった、豊川名物のせんべい。自然な甘さが特徴で、パリパリとした歯ごたえのある食感が特徴の手作り、巻焼菓子です。

地域マップ情報

問い合わせ先

  • 問い合わせ先:
    豊川市観光協会
  • 住所:
    〒442-8601 豊川市諏訪1丁目1番地(豊川市役所内)
  • TEL:
    0533-89-2206
  • FAX:
    0533-89-2276
  • URL:
    http://www.toyokawa-map.net/

ページの上部へ