現在の位置 : トップページ > 東三河県庁 > 今年度の取り組み > 東三河県庁ニュース

乙女の食卓~東三河 春の献立~

2013年02月18日

 2月18日、豊橋市役所にて『乙女の食卓 ~東三河 春の献立~』の記者会見が行われました。

 このイベントは東三河の春の食材を使って、ホテルアークリッシュ豊橋のシェフと豊橋まちなか飲食店のシェフが考案した2種類のコース料理、全10品(各品ハーフサイズ)参加者に提供し、地元東三河の食材の魅力を再発見していただくものです。

 参加者はそれぞれの料理を実際に食べ比べ、今回新しく生まれた料理の中から東三河地域のイメージに合う、またはこれから残していきたいと感じた料理を一品選びます。 

 今回、女性限定50名で参加者を募集します。

 是非、地元食材を使ったスペシャルディナーをご堪能ください。


【お申し込み・お問い合わせ先】 (株)サイエンス・クリエイト

※詳細はこちらhttp://www.tsc.co.jp/info/otome/




TEAM Hotel Arc Riche TOYOHASHI 総合監修 酒井 淳氏(写真左)と
TEAM  Dream Eight(豊橋まちなか飲食店チーム) 割烹むぎとろ 黒柳 武志氏(写真右)




会見の様子




当日の料理について語る黒柳氏

「黒倉田楽」

2013年02月18日

 2月17日、設楽町平山の黒倉神社で「黒倉田楽」が行われました。田峯田楽ほど有名ではありませんが、花祭の影響を受けた舞もあり、安無事と五穀豊穣を祈願する地元のお祭りです。
 
 「今年の馬は元気がいいなあ」「よく跳ねる馬だで、今年は豊作だ」と囃したり、「大足踏み、小足踏み、しっとり、しっとり」と所作や唱え言葉が面白くて演者自身が笑い出したり、時には脱線することもあり堂内は笑いが絶えない田楽です。
 
 一般の見学者も「田うえ」などの踊りに参加して、祭りを盛り上げています。最後は、「三鬼の舞」で炎を巻き上げ、獅子が駒の鼻をかむ「獅子と駒」で締めくくりとなります。

  

  

  

新産業集積クラスター成果発表会が開催されました

2013年02月14日

 2月9日、静岡県の主催により「新産業クラスター成果発表会」がアクトシティ浜松で開催されました。
 
 「ネジザウルス」などの製品で有名な作業工具メーカー ㈱エンジニアの高崎社長から「モノづくり中小企業を活性化する4つの秘訣」と題して、ご講演をいただきました。
 
ヒット商品を誕生させる秘訣として、ネジザウルスGTの開発を例に「MPDP」(マーケティング・パテント・デザイン・プロモーション)の4つの要素の融合が重要であると提案されています。
 
 このほか、成果発表、事例発表がなされ、約150人の参加者は熱心にメモをとったり、商品の解説を聞いたりしていました。
 
  

  

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ