現在の位置 : トップページ > 東三河県庁 > 今年度の取り組み > 東三河県庁ニュース

東三河県庁で「いいな、いなり寿司の日」のイベントを開催しました

2013年04月18日

 毎月17日は「いいな、いなり寿司の日」です。今年は豊川市でB-1グランプリが開催されることから今回初めて豊川市外でイベントが行われました。

 今回の「いいな、いなり寿司の日」は、東三河県庁と「豊川いなり寿司」で豊川市を盛り上げ隊の共催で、「B-1グランプリ in 豊川」のPRを始め、5月4日(土)~5日(日)に開催される「中部のいいもの博覧会 in とよかわ」のPRも行われました。

いなり寿司の即売では、用意された150食のいなり寿司は、30分ほどで完売しました。

  

 また、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」も登場。近くの光幼稚園の園児たちが駆けつけ、いなりんと楽しく交流しました。
  


「B-1グランプリ in 豊川」は今年11月9日(土)~10日(日)まで行われます。
B1グランプリ in 豊川公式サイト(外部リンク)

中部のいいもの博覧会 in とよかわ(外部リンク)

森林・林業技術センター  -静岡県と連携し日本木材学会大会で共同発表しました-

2013年04月18日

 愛知県森林・林業技術センターでは、県境をまたいで近接する静岡県森林・林業研究センターと試験研究についての連携協定を平成24年7月締結し、研究員の交流や研究機材の相互利用を進めています。

 その第1弾の研究成果として平成25年3月27日、岩手県盛岡市において開催された第63回日本木材学会大会において、「天然乾燥と人工乾燥を組み合わせたスギ心去り正角・平角材の乾燥性能」と題して静岡県との共同発表を行いました。これは、木材利用拡大のために増加するスギ大径材の特性を明らかにし、その利用法の開発につながる研究です。




 写真は共同研究に利用した当所の木材乾燥機です。
 
 今後も、相互に連携し、効果的な試験研究の推進と森林・林業の発展に取り組んでいきます。


愛知県森林・林業技術センターHP

豊橋カレーうどん風せんべい販売開始! | 豊橋市 【東三河県庁の「ほの国東三河」とっておき探訪 file.2】

2013年04月17日

いつ食べるの?
 
今でしょ!



ということで、本日4月17日発売の「豊橋カレーうどん風せんべい」をさっそく入手し、探訪しました。 
 
 このシリーズは、東三河県庁が地域を探訪し、広域観光エリアとしての東三河の魅力を皆さまにお伝えするものです。



 まず、パッケージの開封。
 豊橋カレーうどんのマスコットキャラクター「Yeah!Roくん(イエローくん)」が目に入ってきます。その後ろには、「どんぶり」が絶妙にデザインされ、パッケージ上面にはうどん。そして、豊橋地域が生産量日本一を誇る「ウズラ卵」シールで封がされています。
 秀逸なのは、持ち手の部分。なんと箸でうどんを持ち上げているではありませんか!



 さて、ここで「豊橋カレーうどん」という言葉を初めて聞いた方に、簡単にご紹介。
 豊橋カレーうどんは、愛知県豊橋市の新名物。
 特徴は、どんぶりの底からとろろがのったご飯、カレーうどんが入っています。つまり2層構造。1杯で2度美味しいのです。
 豊橋市はうどんの自家製麺率と消費率が高く、多くのうどん屋さんがあります。うどんの美味しさをたくさんの方に味わってもらいたい、うどんで街を元気にしたい、という想いから、試行錯誤を経て、2010年4月24日に豊橋カレーうどんが誕生し、現在は市内50店舗で豊橋カレーうどんを提供しています。
 
 【豊橋カレーうどんの5箇条】
   1 自家製麺を使用する。
   2 器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に入れる。
   3 豊橋産のウズラ卵を使用する。
   4 福神漬または壺漬・紅しょうがを添える。
   5 愛情を持って作る。
 
  詳しくはコチラ
   豊橋カレーうどん特集ページ(外部リンク:豊橋観光コンベンション協会)

 
 いよいよ、豊橋カレーうどん風せんべいを食べてみます。
 と、その前にせんべいに注目。ここにもこだわりが!
 カレー色をしたせんべいには、本物の「うどん」と「ごはん」が入っているそうですよ。豊橋観光コンベンション協会にお伺いしたところ、製造工程でうどんとごはんの形が無くなってしまうため、形が見えるように何度も試作して、たいへん苦労されたそうです。




 さあ、いただきます。
 まず、せんべいからカレーのいい匂いがします。
 そして、ほど良い堅さのせんべいを口の中に入れると、すかさず口いっぱいにカツオだしの風味が広がっていきます。カツオだしがたいへん印象的です。目を閉じればここに熱々の豊橋カレーうどんが運ばれてきているかのようです。
 
 そしてそのまま噛んでみます。
 せんべいの特徴を残しつつも、やはり豊橋カレーうどんを口に含んでいるかのよう。原材料に練り込まれているとろろとウズラ卵のおかげでマイルドな味に仕上がっていて、食べやすい辛さ。無理にカレーうどんの味に近付けたような印象はありません。開発陣が試食を繰り返し、愛情を込めて作られた、そのように感じました。
 
 
 このせんべいは、豊橋カレーうどんをもっと多くの方に味わってもらおうとお土産品としてとして開発されました。販売は、豊橋カレーうどん提供店舗50店のほか、高速道路サービスエリアなど。順次拡大されるそうです。
 東三河地域にお越しの方はぜひお土産にいかがですか。もちろんそのまま味わっていただいてもOKです。ビールのおつまみにもぴったりですよ!
 
【豊橋カレーうどん風せんべい:お問い合わせ先】
 豊橋観光コンベンション協会
 電話 0532-54-1484
 
  豊橋カレーうどん紹介ページ(外部リンク:豊橋観光コンベンション協会)
 
 

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ