現在の位置 : トップページ > 東三河県庁 > 今年度の取り組み > 東三河県庁ニュース > 豊根村の特産品化事業と設楽町役場新庁舎を視察しました

東三河県庁ニュース

豊根村の特産品化事業と設楽町役場新庁舎を視察しました

2013年12月04日

 11月25日(月)、東三河地域連絡調整会議では、豊根村の起業家支援補助金を利用した新たな特産品化に向けた2つの事業と平成26年1月からの運用開始に向けて工事が進む設楽町役場新庁舎を視察しました。(東三河地域連絡調整会議は、東三河地域に所在する県関係機関12機関の長で 構成するものです。)

 豊根村では「チョウザメ養殖実証実験事業」と「深山(みやま)のしずく製品化事業」について豊根村役場の青山地域づくり推進室長からご説明いただきました。


〔養殖されているチョウザメ。キャビア生産までには7年ほどかかる〕



〔チョウザメを養殖している水槽〕
 


〔大入の郷に湧出する地下水。ペットボトルに詰められて「深山のしずく」として販売される〕



 設楽町では、設楽町産材を使用した木造平屋建ての設楽町役場新庁舎について設楽町役場の氏原総務課課長補佐からご説明いただきました。


〔新庁舎の入り口〕


〔内部の様子。自然光を取り入れた明るく開放的な空間になっている〕

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ