現在の位置 : トップページ > 東三河を検索 > 豊橋市 > 五井城跡

東三河を検索

豊橋市

五井城跡

【東海道】
文治年間(1185年~1190年)に新宮蔵人行家(源 行家)によって築かれました。戦国時代には鵜殿氏の居城となっていましたが、鵜殿氏を滅ぼした松平信光の七男・松平忠景が城主となり、五井松平氏の祖となりました。

城は長泉寺の南東側一帯に築かれていましたが、現在、城址は畑地、宅地となっており、遺構は見られません。八幡神社の南側にある御宮池が五井城の北側の堀跡といわれています。

境内には、「蒲郡の名木50選」に選ばれる八幡宮のムクロジがあります。
近くの長泉寺には五井松平氏の歴代の墓があります。

概要

所在地
蒲郡市五井町岡海道80(八幡社)

アクセスマップ

周辺観光スポット

口コミを投稿する

問い合わせ先

問い合わせ先: 豊橋観光コンベンション協会
住所: 〒440-0075 豊橋市花田町字石塚42-1 8F
TEL: 0532-54-1484
FAX: 0532-54-2220
URL: http://www.honokuni.or.jp/toyohashi

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ