現在の位置 : トップページ > カラフルレシピ > アマゴ茶漬

カラフルレシピ

アマゴ茶漬

豆知識

山紫水明の地である設楽地域の渓流にすむアマゴ(アメノウオ)は2〜6月が漁猟期で、内臓をとって焼き干しにし、保存したアマゴを使う。かつては、山村に住む人々の貴重なタンパク源で珍重されていた。今では、観光客に喜ばれている。

※1.「アマゴ茶漬」は、この地方で親しまれている家庭料理です。 「アメ茶漬」とは異なります。
※2.「アメ茶漬」は添沢温泉の登録商標です。

材料

(10人分)
アマゴ・・・8尾(640g)
酒・・・大さじ4
しょうゆ・・・大さじ10
みりん・・・大さじ4
水・・・カップ4(800cc)
わさび・・・小さじ1/3(2g)
ノリ・・・1/2枚
御飯・・・どんぶり4杯(1kg)
番茶・・・適宜

作り方

(1)アマゴは腹わたを取り出して水洗いし、よく水けを切っておく。
(2)串刺しにして焦がさないように焼き、一昼夜風通しの良いところで陰干しにする。
(3)鍋に(2)のアマゴを入れ、かぶるくらいの水と酒を加え、弱火で軟らかく煮る。
(4)(3)の汁が少し残っているところに、しょうゆとみりんを入れ、弱火でほとんど汁気がなくなるまで煮つめる。
(5)器に温かい御飯を盛り、(4)のアマゴをのせ、わさび、千切りにしたノリなどを添え、熱い番茶をかける。

作り方のコツ

◎アマゴを焼く時、遠火でカリッと焼き上げる。
◎水煮はとろ火で落とし蓋をし、2時間ぐらいにてから調味料を3回ぐらいに分けて入れ、煮詰める。
◎アマゴは、姿のまま温かい御飯の上にのせる。
◎お茶を注ぐと軟らかくなる。

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ