現在の位置 : トップページ > ニュース&トピックス > 花祭【東栄町 中設楽地区】

ニュース&トピックス

花祭【東栄町 中設楽地区】

 毎年11月から3月にかけて各地区で開催される「花祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定される700年以上続く伝統芸能です。
 中でも、中設楽の花祭りは神道色が強いことが特徴です。
 内容も神話をもとにしたものが多く見られるほか、主役の鬼を神の名前で、猿田彦命(榊鬼)、須佐之男命(山見鬼)、大国主命(茂吉鬼)と呼びます。
 披露される舞の中には、天照大神が岩戸の中にお隠れになり、その岩戸の前で神々が神楽を舞ったと伝えられる「岩戸開」などもあります。

【開催日】
 平成29年12月2日(土)~3日(日)
【開催時間】
 [2日]13:00~[3日]18:00
【開催場所】
 中設楽花祭舞庭(中設楽生活改善センター前)
【所在地】
 〒449-0211
 北設楽郡東栄町中設楽中貝津11
【料金】
 入場無料
 (ただし、奉納金をもって行くと、地域独特のお返しがいただけます)
【駐車場】
 50台
【お問い合わせ先】
 0536-76-0355(花祭保存会長:岡田 守)
 0536-76-0501(東栄町役場 代表:総務課)

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ