現在の位置 : トップページ > 東三河県庁 > 今年度の取り組み > 東三河県庁ニュース

豊川市には神社へミサイルを放つお祭りがある!? | 豊川市

2013年07月30日

【東三河県庁の「ほの国東三河」とっておき探訪 file.5】
 まずはこちらの証拠写真。

【ミサイル!?】
 
続いて証拠映像。
証拠映像はコチラ

 
 これは、愛知県無形民俗文化財に指定されている「綱火(つなび)」です。
 
 東三河県庁の「ほの国東三河」とっておき探訪第5回は、豊川進雄(すさのお)神社の綱火を紹介します。7月20日の土曜日に、東三河県庁の永田副知事が訪問しました。
 綱火は、毎年7月20日に近い金・土・日曜日に行われる豊川進雄神社例大祭(豊川夏まつり)で、手筒花火とともに奉納される花火です。

【豊川進雄神社での手筒花火奉納の様子】
 
 神社の拝殿から鳥居まで、2本一直線に張られた約120メートルの綱に、火薬を詰めた竹筒を仕掛け、綱に伝わって猛スピードで走っていきます。江戸時代の寛文元年(1661年)に始まったとされ、約350年の伝統を誇ります。
 綱火の製法を受け継いでいるのは、東と西の本会所(ほんがんじょ)と呼ばれるごく一部の氏子の方のみ。その技術は秘密とされ、毎年の例大祭で東西が競い合うことで、高め合い、受け継がれてきました。

【クライマックスの追綱火】


 ちなみに、この写真と冒頭の映像は、綱火のクライマックス、追綱火(おいつなび)。
 65発の綱火が連続点火して走っていく様子は、まさにロケットのよう。見守る観客は、1発ずつ綱火を数え、会場はたいへん盛り上がります。
 
 例大祭(豊川夏まつり)では、土曜日の午後5時30分から綱火の奉納が始まり、追綱火の他にも様々な綱火や手筒花火が披露されます。午後8時から9時頃までが綱火のクライマックス。来年はぜひ、皆さんもご覧ください!
 
 ということですが、ここで皆さんに耳寄りな情報。
 実は、東三河地域では、まだこれから綱火を見ることができますよ。8月24日(土)に豊川市野球場で開催される第26回豊川手筒まつりと、9月14日(土)に豊橋球場で開催される「第18回炎の祭典」で披露されます。詳細は下記リンクからどうぞ!
 
 ◇綱火情報
※第26回豊川手筒まつりのHP(豊川市観光協会:外部リンク)

※第18回炎の祭典のHP(豊橋商工会議所:外部リンク)

【東三河県庁の「ほの国東三河」とっておき探訪とは?】
 東三河県庁では、平成24年度に東三河地域が目指すべき10年後の将来像を描いた「東三河将来ビジョン」を策定し、広域観光の推進プロジェクトに取り組んでいます。その一環として、このシリーズでは、東三河県庁が地域を探訪し、東三河の魅力を皆さまにお伝えしていきます。
 

ほの国東三河AR王国 PRキャラバンを実施しました!

2013年07月23日

 夏の行楽シーズンを前に東三河各地のイベント等のPRと東三河観光スマートフォンアプリ「ほの国東三河AR王国」のPRのため、新聞社やテレビ局を訪問しました。
 

 「ほの国東三河AR王国」は、AR技術を活用し、東三河を楽しみながら周遊できる観光案内アプリです。東三河の観光案内を利用し たり、特定のマーカーと呼ばれる看板などをスマートフォンをかざしてみることで、そこには存在しない東三河のキャラクターが飛び出してくるなど、お楽しみコンテンツが盛りだくさんになっています。
 

 ※AR技術:現実風景に情報を重ねて表示する技術(拡張現実)のこと。GPS機能で緯度経度を把握して情報(エアタグ等)を重ねるタイプや、画像認識技術を使って情報(3D・動画等)を重ねるタイプ等があります。
 


















 

 訪問にあたり「ほの国東三河AR王国」のコンテンツ「ほの国hana旅」でコラボした「花男子」代表の近藤祐司さんにもご同行いただきました。
 近藤さんからは東三河が花き生産全国1位という紹介をしていただくと共に、田原市で生産されているハイビスカスを訪問各社へプレゼントしていただきました。



この夏はぜひみなさまも「ほの国東三河AR王国」を使って東三河各地に足をお運び下さい!

ほの国東三河AR王国
http://www.higashimikawa.jp/ar_special/

「ツール・ド・新城」が開催されました!

2013年07月22日



 7月20日、21日の2日間、新城総合公園で自転車ロードレース「BikeNavi Grand Prix 2013 ツール・ド・新城」が開催されました(主催:バイクナビ・グランプリ実行委員会)。

ゲストライダーの桜丘高等学校2年生 大谷杏奈選手と談笑する永田副知事


 東三河県庁の永田副知事も来賓として出席し、選手達を激励しました。



エンデューロの先導を務めるゲストライダー





 レースは新城総合公園内とその周辺公道に設けられた周回コースを規定時間で周回数を競う「エンデューロ」と、公園内のコースを規定周回数回り、タイムを競う「クリテリウム」の2種類の競技が各クラスごとに行われ、選手達は熱い戦いを繰り広げました。




 大会メイン会場では新城市の観光PRブースの他、地元特産物のブースや自転車メーカーのブースが設けられ、多くの観客や選手達で賑わっていました。


「RED PEPPERS」によるパフォーマンス

 また、レースの合間には藤ノ花女子高校のマーチングバンド部「RED PEPPERS」のパフォーマンスや新城市吹奏楽団の演奏が披露され、大会を盛り上げました。

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ