現在の位置 : トップページ > 東三河県庁 > 今年度の取り組み > 東三河県庁ニュース

東三河県庁ニュース

東三河のキラリ企業訪問 「トピー工業株式会社 豊橋製造所」(豊橋市)

2013年02月28日

 東三河県庁では、地域産業の現状を把握し、施策に生かすため、永田副知事が定期的に東三河地域の企業を訪問しています。
 2月13日(水)には、豊橋市のトピー工業株式会社豊橋製造所を訪問しました。
 
■トピー工業株式会社 豊橋製造所
トピー工業は、鋼材や自動車のホイールなど金属加工の総合メーカーです。豊橋製造所は昭和33年に操業を開始して以来、50年以上に亘りトピー工業の大黒柱としての役割を果たしています。
 
■電気炉による素材の生産
 豊橋製作所の製鋼工場では、鉄スクラップを原料として、120トンの電気炉により高品質の鋼材が作られています。電気炉製鋼法で作られた素材は、強度や硬さに優れ、単価も安く、主に建設・土木・造船などに使用されます。「素材から製品までの一貫生産」により、高い品質の製品づくりがトピー工業の強みとなっています。
 特にコンピュータを駆使した最新技術や長年の経験、徹底した品質管理により様々な非対称断面の異形形鋼を各種産業に送り出しており、「異形のトピー」として世界に知れ渡っています。
 
■世界的シェアを誇る超大型ダンプ用ホイールと建設機械用足回り部材
 みなさんは「履帯」(りたい)という言葉にあまり馴染みがないと思います。ショベルカーやブルドーザーの足回り部分、いわゆる「キャタピラー」のことです。この履帯を構成する一枚一枚の板材を「履板」といい、豊橋製造所で製造しています。そのシェアは国内で75%以上、世界でも46%以上を占めています。  
 また、鉱山で使用される超大型ダンプのホイールは世界第1位の70%近いシェアを占めており、豊橋製造所では鋼材の圧延までを行っています。
いずれもトピー工業の高い技術力を示す代表的な製品です。

■福島第一原発復旧作業への探査ロボット提供
 豊橋製造所には研究開発センターが設置されており、そこでは生産加工技術やロボットなどの新分野の技術開発をしています。
 昨年、原発の復旧作業用に探査ロボット「サーベイランナー」を開発し、東京電力に無償で貸与しました。このサーベイランナーは傾斜45度の急な階段でも昇降でき、幅70㎝四方の狭いエリアでも旋回が可能です。昨年の4月と7月には放射線量が高い原子炉圧力室内の映像を撮影し、放射線量を測定しました。
 
■電気炉の新設
 豊橋製造所では、現在の電気炉設備が老朽化したことや電力コストが課題となっていましたが、このたび新たに製鋼工場を建設することになりました。効率的な電気炉を導入することにより、大幅に電力使用量を抑えることができ、生産性も向上するとのことです。この新設には新あいち創造産業立地補助金が活用されています。

トピー工業株式会社ホームページへ(外部リンク)



[写真:武澤豊橋製造所長との意見交換の様子]




[写真:サーベイランナーの見学]

豊橋まちなかマルシェ開催

2013年02月26日

 豊橋市では、まちなかの賑わい創出、農産物の地産地消を推進するため、豊橋駅前で毎月1回、新鮮な野菜や果物、旬の地魚、こだわりの一品を集めた特産市を開催しています。

 2月の開催は、23日(土曜日)でこの冬一番の寒波でとても寒い中、多くの参加者で賑わっていました。次回は3月24日(日曜日)に開催される予定です。
 
  

  

新春講演会「最近の経済金融情勢等について」

2013年02月21日

 豊橋商工会議所の主催により、乙部辰良東海財務局長を講師に「新春講演会」が2月20日、開催されました。
 
 冒頭、吉川会頭から、東三河振興ビジョンについて触れられ、今後の政策展開が期待されるとあいさつされました。
 
 引き続き、「最近の経済金融情勢等について」と題した講演では、乙部局長から、日本経済の現状分析から米国、欧州、中国など世界経済の見通しに始まり、いわゆる「アベノミクス」の三本の矢の具体的な内容、平成25年税制改正のポイント、金融円滑法終了後の対応まで、経済金融情勢についての幅広く詳細な解説がなされました。

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ