現在の位置 : トップページ > 東三河を知ろう > 東栄町

東三河を知ろう

  • 豊橋市
  • 豊川市
  • 蒲郡市
  • 新城市
  • 田原市
  • 設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村

東栄町

 木曽山系の南端に位置し、700mから1000m級の山々が連なり、四方を山に囲まれた町の中央部を大千瀬川、奈根川など清流が流れ、天竜川に注いでいます。総面積の約9割が山林と原野で形成されており、県立自然公園と天竜奥三河国定公園の指定を受けている山岳渓流美の中で、心ゆくまで自然の魅力を体感できます。
 町の伝統芸能である「花祭り」は国の重要無形民俗文化財。鎌倉時代から代々受け継がれる歴史ある神事は、毎年11月から3月にかけて各地区で開催され、悪霊除け、神人和合、五穀豊穣、無病息災などを祈願します。

産業情報

名産はヘボ(黒スズメバチ)の甘露漬け。農業では、農産物出荷額の75%を畜産が占めており、主にブロイラー(鶏)を生産しています(注1)。なかでも、若鳥の胸肉や鶏皮を使用した加工食品の「東栄チキン」が有名です。

耕種では大根の生産が盛んな他、タラの芽の出荷も豊富。山里の幸を盛り込んだ猪鍋や、山間部の貴重なタンパク源として古くから受け継がれてきた「ヘボ飯」などは、郷土料理として知られています。

注1 農林水産省「平成18年生産農業所得統計」

見どころ観光スポット

もっと見る

  • 振草渓谷

    【別所街道】
    鋭く切り立った高い岸壁の間をエメラルドグリーンの清流が進みます。大鈴山に源を発し、南東に流れる大千瀬川はいたるところに滝や渕を形成しています。中でも預り渕からの眺めは絶景で、振草渓谷の雄大さを十分に満喫できます。新緑の春と紅葉の秋は、特に美しい景観を満喫できます。

  • 大入渓谷

    【別所街道】
    大入渓谷は、大入川の新豊根ダム下流の全長12kmにもなる渓谷です。清流のせせらぎやどこからともなく聞こえてくる野鳥のさえずりとともに、鋭く高い岸壁の景観がまざりあい、渓流美の真髄を見せています。エメラルドグリーンの清流に覆い立つ高い岸壁は、「奥三河の赤壁」とも言われます。人跡を拒むように高い絶壁が続き、隠れた紅葉の名所となっています。

  • ひめ岩

    設楽城が滅んだ際、この場所で亡くなった姫を弔うために村人が姫の背と同じ大きさの石を横にして置き、墓印にしたと伝わる岩。
    後に直立にしたところ集落に不幸が続いたため、再び石を横にして祀るとその後は平穏が戻ったという言い伝えもあります。
    現在は石の頭部だけが地上に出ていますが、実は5尺(約1.5m)の大きさがあるそうです。

    この岩の後方にはバットを削り出す木として有名なアオダモの木が自生しています。

ご当地グルメ・お土産・特産品

  • 東栄茶
    鮮やかな色と香りの高さで知られ、多くは銘茶の香り出しにブレンドされます。町内の農産物直売所や土産物店では他の茶葉とブレンドされていない東栄茶が販売されているので、純粋な東栄茶の豊かな香りを楽しめます。
  • 東栄町 地酒
    澄んだ空気、清らかな水、冬の厳しい冷え込みなど、自然の恩恵を受けて300年以上にわたり、造り継がれている東栄町の地酒。山菜や川魚、きのこなど山の幸との相性は抜群です。
  • 東栄町 若鶏
    東栄町は、県内有数の肉用若鶏の生産地です。フランクフルトやウインナーが製造・販売されています。

地域マップ情報

問い合わせ先

問い合わせ先: 東栄町役場経済課
住所: 〒449-0292 北設楽郡東栄町大字本郷字上前25番地
TEL: 0536-76-1812
FAX: 0536-76-1428
URL: http://www.town.toei.aichi.jp/

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ