現在の位置 : トップページ > 東三河を知ろう > 豊橋市

東三河を知ろう

  • 豊橋市
  • 豊川市
  • 蒲郡市
  • 新城市
  • 田原市
  • 設楽町
  • 東栄町
  • 豊根村

豊橋市

 東は静岡県と接し、西は三河湾、南は太平洋に面する豊橋市。産業、教育、文化などあらゆる分野にわたり発展しています。特に自動車輸入に関しては、台数・金額ともに全国一位を誇る三河湾を中心に、臨界工業地帯が形成され重要な産業拠点となっています。また、全国トップクラスの農業産出額を誇る南部、丘陵地帯が大半を占める北部での果樹栽培など、豊かな自然を活かした産業も盛んです。
 新名物としては、ご飯の上にとろろ、カレーうどんを入れ、豊橋産ウズラ卵をのせた「豊橋カレーうどん」が話題になっています。

産業情報

豊川の水運によって運ばれる木材を活かし、明治期以降、木製品、繊維製品などの地場産業が発展してきました。
名産品としては、昔ながらの味として受け継がれるちくわ、菜飯田楽、五平餅、ハゼの佃煮、銘菓ゆたかおこしなどがある他、近年話題のご当地グルメとして豊橋カレーうどんも評判です。また次郎柿、ウズラの卵、大葉(しその葉)など農産物も豊富。伝統産業としては手筒花火や豊橋筆、帆前掛け、刺し子などが知られています。
工業では輸送用機械器具、プラスチック製品、食料品、鉄鋼の生産が盛んです(注1)。食品では全国シェアの80%を占める寒天ゼリーの生産をはじめ、小魚、あさりなどの佃煮も全国トップレベルの生産を誇ります。
農産物の出荷額では耕種が70%を占め、農業の粗生産額は全国でもトップレベル。なかでもキャベツの生産高は全国シェアの18%を占めています。畜産では豚の生産が盛んに行われています(注2)。

注1 経済産業省経済産業政策局調査統計部 「平成21年工業統計表「市区町村編」データ」
注2 農林水産省「平成18年生産農業所得統計」

見どころ観光スポット

もっと見る

  • 向山緑地

    面積17.13ヘクタール(墓園2.2ヘクタールを除く)、初春の梅林園、春の桜、ツツジ、夏は新緑、さらに向山大池と、四季を通じて様々な表情を見せてくれる公園。特に1月下旬から3月上旬にかけて見ごろを迎える梅林園は、樹齢約40年の早咲き、中咲き、遅咲きの梅、28種類、約400本が咲き誇り、毎年開催される「うめまつり」は多くの人出で賑わいます。
    【花スポット】ツツジ
    開花時期:4月上旬~5月上旬
    春を代表する花木として知らて、国内だけでも100種類以上の品種があり、赤紫、紅色、白色など様々な色合いで目を楽しませてくれます。
    【花スポット】梅
    開花時期:1月下旬~3月上旬
    約300種あると言われている梅の花は、寒い時期に彩りを添える冬の風物詩。シーズンになると各地の名所が多くの人で賑わいます。

  • 十三本塚

    【東海道】
    永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いで今川義元が敗死すると、部下だった松平元康(徳川家康)は岡崎城で自立して東三河を侵略しました。これに怒った跡継ぎの今川氏真は吉田城主の小原鎮実に命じ、人質としていた武将の妻13人を見せしめのために殺害しました。
    遺体が埋められたのは中野新田。これが後に十三本塚と名付けられたそうです。

  • 旅籠清明屋

    【東海道(二川宿)】
    江戸時代後期から明治時代に掛けて二川宿で旅籠屋を営んでいた倉橋家の遺構。
    大名が本陣に宿泊する際、家老や上級武士はこちらで宿泊しました。

    現在は主家、繋ぎの間、奥座敷などが江戸時代の姿に復元され、本陣とともに二川宿本陣資料館として一般公開されています。
    内部では宿泊者が帳場に腰掛ける姿などを見ることができ、往時に思いを馳せられます。

    この「清明屋」は豊橋市の有形文化財に指定されています。また、西隣にあった本陣は豊橋市の指定史跡です。

ご当地グルメ・お土産・特産品

  • 豊橋カレーうどん
    自家製麺を使用すること、器の底からごはん・とろろ・カレーうどんの順に入れること、豊橋産のウズラ卵を使用することなど5つの基準がある「豊橋カレーうどん」。各飲食店では趣向を凝らしたメニューを提供しています。
  • 豊橋ちくわ
    16世紀、今川義元公隆盛の頃に熊野権現神社(現在の豊橋市魚町) 境内で魚の売買が行われていたことが、豊橋ちくわの起源といわれています。職人が厳選した鮮魚を使い、新鮮な内に素早く加工されます。
  • 豊橋筆
    江戸時代から続く伝統ある「豊橋筆」は墨含みが良く、墨はけが遅く、使いやすいと評判です。職人の手により、一本一本手間ひまかけて作られる高級筆であり、全国の書家に愛用されています。
  • 菜めし田楽
    豊橋市の「菜飯田楽」は、赤味噌を付けた豆腐の田楽と菜飯をセットにした料理です。この「菜飯田楽」は、東海道五十三次吉田宿(豊橋市)の名物料理の一つであったと伝えられています。
  • うずら卵
    愛知県のうずら卵生産は全国シェアの約70%を占め、その内豊橋とその周辺地域で約85%を生産。豊橋市では温暖な気候と養鶏で培われたノウハウを活かし、大正時代からうずらの飼育が行われています。

地域マップ情報

問い合わせ先

問い合わせ先: 豊橋観光コンベンション協会
住所: 〒440-0075 豊橋市花田町字石塚42-1 8F
TEL: 0532-54-1484
FAX: 0532-54-2220
URL: http://www.honokuni.or.jp/toyohashi

投稿募集

東三河ではみなさまの様々な体験談を広く募集しています。

  • ご当地レポート
    東三河の観光地から地元の隠れスポットがあったら教えてください。
  • 東三河検定クイズ募集
    あなたはどれだけ東三河 のことを知っていますか? 難問お待ちしています!
  • オリジナルレシピ募集!
    東三河の特産物を使ったご家庭ならではのオリジナルレシピを教えてください。
  • 東三河のキラリ人募集!
    東三河内における東三河で活躍している人をご紹介ください。

モバイルサイト

携帯サイトからも東三河の観光情報などがご覧頂けます。

※記載されている内容・写真は、調査当時のものですので、最新の情報とは異なる可能性があります。
必ず事前にご確認の上おでかけください。

ページトップへ